米子松陰高等学校

  

【松蔭日記】

浴衣着付け教室開催

12月2日(月)、3年生生活福祉コースの「ファッション造形」履修生を対象に、着付け教室を実施しました。

学外から講師の先生をお招きし、説明を受けお手伝いしていただきながら、生徒が自分自身の着付けを行ないました。

普段着ることの多い洋服と異なる着付けの手順に、生徒は戸惑いながらも楽しそうに取り組んでいました。

 

近年は大人でもなかなか出来る人も少なくなっている和服の着付け。

参加した皆さん、これができたら自慢できますよ!

着付けを覚えて卒業後も素敵な浴衣姿や着物姿を披露してほしいものです。