米子松陰高等学校

  

【松蔭日記】

新入生オリエンテーション

入学して一週間、毎日少しずつ緊張が解けていく新1年生です。

これから3年間、「米子松蔭の生徒」として過ごしていくために、オリエンテーションを受けました。

校長先生のお話をはじめ、県立米子養護学校の先生のお話、生徒指導の先生方から進級についてのお話など。制服の着こなしセミナーや本校伝統の「礼・挨拶・校歌」の練習まで。

体育館で長時間の指導でしたが、1年生238名全員が最後まで凛々しい姿を保って取り組めていたことが素晴らしかったです。

特に、挨拶や校歌斉唱は、集団で学ぶことの素晴らしさを改めて感じさせてくれました。

みんなでがんばる、だからわたしもがんばる。

 

校歌練習では、「校歌はわたしたちの財産である」というお話がありました。

米子松蔭高校の歴代OBOG、約1万人の先輩方と共有している「校歌」。何度もやり直しをしながら歌って覚えることで、「財産」を共有する仲間入りを果たしたのではないでしょうか。