米子松陰高等学校

学校生活 SCHOOL LIFE

部活動別に読む

【男子バスケットボール部】

鳥取県高等学校総合体育大会バスケットボール競技の部

6月2日(土)~4日(月)に、鳥取県高校総体が西部地区で開催されました。

本校は4月の中国高校県予選でシード権を獲得していたため、2日目からの登場となり、倉吉東高校との対戦となりました。倉吉東は鍛え上げられた粘り強いディフェンスと豊富な運動量を備えた難敵です。

試合は序盤、倉吉東のディフェンスに苦しみながらも、大事なところで#4澤田が3Pを決めたり、#5林原、#6山内が果敢にオフェンスリバウンドを奪い得点を重ねるなど、3年生の気迫のこもったプレーがチームを引っ張り、35-28と7点リードで前半を終了しました。

後半も引き続き我慢強く戦っていきたいところでしたが、倉吉東のディフェンスもより一層厳しさを増し、選手も疲れからかミスやリバウンドの取れない時間が増えてしまい、3Qに逆転を許してしまいました。終盤追い上げたものの3Qの点差が重くのしかかり、最終的には56-66で敗れてしまいました。

3年生が少ない中、上位大会を目指して1年間戦ってきましたが、4大会連続で強豪に惜敗と悔しい結果に終わってしまいました。県総体を終え、チームは新体制となりますが、この悔しさをバネに上位大会進出へ向け、日々努力していきたいと思います。

最後になりましたが、応援に来てくださった方々をはじめ、日ごろから本校バスケ部を応援してくださっている方々、本当にありがとうございました。